足と健康との関係


猫背の根本原因は不安定な足裏にある


「外反母趾」「指上げ足(浮き指)」は、足指の踏ん張る力が弱くなっているため、歩く時、本能的につまづかないようにと指を上げたり、浮かせたりする癖がついてしまいます。更に、ヒールやパンプス・大きめの緩い靴を履くと、今度は脱げないようにと無意識のうちにより足指を上げたり縮こませてしまうのです。
こうして無意識の内に指上げ歩きの癖が身についてしまうのです。

この立ち方・歩き方は体の重心をかかとの方へ移動させてしまいます
重心がかかとの方へ移動すると、後ろへ倒れる危険性が増えます。そこで、無意識のうちに背中を丸くする、あるいは首を前に落として、本能的に後方へ倒れないよう重力との調和を保とうとするのです。これが、猫背の根本原因なのです。
悪い足には必ず足裏の不安定、つまり片寄りが起っています。

不安定になった足裏は、「積み木の一段目の原理」で説明しているように、足裏の歪みイコール積木の一段目が狂った状態なのですから、この一段目の狂いを必ずその上部が補うという力学があるのです。つまり、足裏の不安定に合わされ、1対1の割合で姿勢や骨盤が歪むのです。
今まで美や健康を人間の土台となる足裏から上部を力学的に診断していくという考えがなかったから、美と健康の根本となる足裏の重要性も分からなかったのです。


Kasahara

変形性ひざ関節症の痛みは98%サラシ一本で治る!

施術予約 TEL:045-861-8558

商品案内 TEL:045-861-8944

▲ ページの先頭へ