ひざの固定学


どんなひざの痛みも3週間で半分治す!


正しく固定をすれば、どんなひざの痛みも3週間で半分改善し、残りの半分は痛みをこじらせた期間の約5分の1の期間を要します。“こじらせた”とは、しっかりとした固定をせずに治療していた期間のことです。 固定学こそが治癒への一番の近道であり、根本療法であることを知らなければなりません。
3週間で半分治ったという目安は以下の通りです。
①疼痛(とうつう)の半減・・・歩行痛や夜間痛、持続的な慢性痛などの自訴痛(じそつう)が半減した状態
②腫脹(しゅちょう)の半減・・・腫れや溜まっていた水がおさまり、皮膚が戻ったり、熱感・発赤などの外見的症状が半減した状態
③不安の半減・・・安心感や希望が湧き、精神的不安感が半減した状態
3週間で半分が治れば、残り半分も治そう!という意欲が湧き、治療に専念できるのです。例えば5年間固定をせずにこじらせていた場合は、3週間の固定で半分が治り、残りの半分は1年間を要するという事です。
 ひざの痛みは変形性関節症・ひざヘバーデン・ひざ関節リウマチ、いずれも固定により90%以上の治癒力が働きます。手技療法や電気・マッサージ・湿布・薬・鍼・灸・風呂・サウナなどの行為は補助的な役割なのですが、 現代医療では、これらが主な治療のように行われ、つまりは固定をしないので、痛みが再発したり、いつまでも治らず長引かせてしまっているのです。

Kasahara

変形性ひざ関節症の痛みは98%サラシ一本で治る!

施術予約 TEL:045-861-8558

商品案内 TEL:045-861-8944

▲ ページの先頭へ