ひざの痛みの治し方


足裏のバランスを整える
カサハラ式足裏バランステーピング法

外反母趾や指上げ足(浮き指)を改善する方法として私が最も推奨するのは、カサハラ式テーピング療法で足裏を整えることです。長年多くの患者さんの足を診て考え、「足から全身の不調を治す」ことに優れた唯一の手技療法です。今も昔もこれからも、これに勝るものはないと胸を張って言えるカサハラ式・足裏バランステーピング法です。

1.自分でできる!カサハラ式足裏バランステーピング法

 ひざの痛みに悩んだ時、ひざだけを治療しても、改善には至りません。
ひざを支える足裏を整えなければ、根本治療にはならず、一時的に良くなるだけの癒しにしかならないからです。
「外反母趾は切らなければ治らない」そんな概念は捨てましょう。切らずに整える方法が、ここにはあるのです。このテーピング方法は、足裏のバランスを整えて、自然と正しい歩行を促してくれます。足を整えればひざへの負担も軽くなり、再発もありません。慣れればご家庭で自分でできてしまう、そんな魔法のようなテーピング療法です。

 また、足に痛みがあるかないかで貼り方も変わります。
あなたの足に、今現在痛みはありますか?
痛みの種類としては、
第2指の付け根の痛み・第4指の痛み(モートン病)・内反小趾の痛み・足指の変形や痛み・指の間のタコの痛み・指の付け根のタコの痛み・親指のしびれや痛み・足の甲の痛み・足背部の痛みなどが挙げられます。
自分の足に痛みがあるかどうかを確認し、自分に合ったテーピング方を選んでください。
では、さっそく実践してみましょう。

1.痛みがない場合の足裏バランステーピング法

①かかとテープ


1.台紙の中央をちぎり、親指側を短めにして、足裏に向けて斜めに貼る。
※小指側はやや長めにして、足裏に向け斜めに貼る。

②親指テープ


1.切れ込みのない側の台紙をちぎり、②のテープに重ねて貼る。
2.真ん中のテープから親指を正常な位置に戻すように、第一関節の側面までは引っ張りながら貼り付ける。
第一関節より上の指先は絶対に引っ張らず、下側から巻き付ける。
上側のテープも同じ要領で貼り付ける。
3.下側のテープも同じ要領で巻いていくが、親指の第一関節まで引っ張って貼ったら、下側のテープだけは親指の上側を通して、同様に指先は引っ張らないように貼り付ける。
※3本とも爪にかからないよう注意する。

③小指テープ


1.切れ込みのない方を切れ目の付け根までちぎり、かかとテープの小指側に重ねて貼り付ける。
2.上側のテープから、小指を正常な位置に戻すように起こしながら、小指の側面を通りながら下側に通して巻き付ける。
親指テープ同様、指先には力を入れないこと。
3.下側のテープも同じ要領で、小指の付け根で交差させ、今度は上側に通して巻き付ける。
※2本とも爪にかからないよう注意する。

④足裏横テープ


1.台紙の中央をちぎる。
2.台形の上底(短い辺のほう)を指の付け根に合わせて貼り、横アーチを作るように足裏の付け根を押し上げながら、親指側のテープを足の側面まで軽く引っ張って貼り付ける。
3.甲側は決して引っ張らず、力を入れずに貼り付ける。
小指側も同じ要領で貼り付け、貼り終わりは甲部分で重ね合わせる。

⑤基本テープ1


1.台紙の半分をちぎる。
2.ちぎった側を親指側として、左右がちょうど半分になるよう中央に貼る。
親指側からスタートするが、甲の面は引っ張らず、親指の付け根を押し込むように足裏に向かって軽く引っ張りながら貼り付ける。
3.小指側も同様に甲面は引っ張らないよう注意し、足裏を軽く引っ張りながら貼り付ける。

⑥基本テープ2


1.台紙の半分をちぎる。
2.ちぎった側を小指側として、基本テープ1に1/3くらい重ねて貼り始める。
3.小指側からスタートするが、甲面は引っ張らず、足裏に向かって軽く引っ張りながら貼り、最後はスタート地点の部分に重なるようにして巻き終える。

痛みが無い場合のテーピング 完成

※また、どうしても巻き方がわからない場合は、一度、「カサハラフットケア整体院」、もしくは「全国の提携院」で施術を受けられる事をお勧め致します。
2.痛みがある場合のテーピング法

※痛みの種類としては、
第2指の付け根の痛み・第4指の痛み(モートン病)・内反小趾の痛み・足指の変形や痛み・指の間のタコの痛み・指の付け根のタコの痛み・親指のしびれや痛み・足の甲の痛み・足背部の痛み・・などが挙げられます。

もし、ここに挙げた痛みが足にある場合は、こちらの「痛みがある場合の足裏バランステーピング法」を実践してみてください。

①包帯を巻く


1.足の甲に、伸縮性のない綿包帯を5~6周 引っ張らないように軽く巻き付ける。
2.この時、親指の付け根と第5中足骨基部を覆うように巻く。
痛みが強い場合は巻き数を増やし、医療用テープでとめる。

②かかとテープ


1.台紙の中央をちぎる。
2.親指側を短めにして、足裏に向かって斜めに貼る。
3.反対の小指側は長めにして、足裏に向かって斜めに貼る。
※この時、強く引っ張らないよう注意。

③親指テープ


1.切れ込みのない側の台紙をちぎり、かかとテープに重ねて貼る。
2.3本あるうちの真ん中のテープから、親指を正常な位置に戻すように第一関節の側面までテープを引っ張りながら貼り付ける。
指先は絶対に引っ張らず、下に通して貼り付ける。
一番上のテープも同じ要領で貼る。
3.下側のテープも同じ要領で貼り付けていくが、下側のテープのみ親指の第一関節まで貼ったら親指の上側を通って、決して引っ張らないように貼り付ける。
※3本とも爪にかからないよう注意する。

④小指テープ


1.切れ込みのない側を切れ目の付け根までちぎり、かかとテープに重ねて貼る。
2.上側のテープからスタート。
小指を正常な位置に戻すように起こしながら、小指の側面を通って下から上に巻き付ける。
3.下側のテープを小指の付け根で交差させるように貼り、今度は上から下へと巻き付ける。
※2本とも爪にかからないよう注意する。

⑤包帯をカット


1.甲側の包帯に切れ込みを入れ、体重が乗った時に力が逃げるようにする。
2.甲側を三日月型にカットする。
3.次に、足裏の付け根部分も甲側と同様に三日月型にカットする。
※皮膚を傷つけないよう注意する。

⑥足裏横テープ


1.台紙の中央部分をちぎる。
2.台形の上底(短い辺のほう)を指の付け根に合わせて貼り、横アーチを作るように足裏の付け根を押し上げながら、親指側のテープを足の側面まで軽く引っ張って貼り付ける。
3.甲側は決して引っ張らず、力を入れずに貼り付ける。
小指側も同じ要領で貼り付け、貼り終わりは甲部分で重ね合わせる。

⑦基本テープ1


1.台紙の半分をちぎる。
2.ちぎった側を親指側として、左右がちょうど半分になるよう中央に貼る。
親指側からスタートするが、甲の面は引っ張らず、親指の付け根を押し込むように足裏に向かって軽く引っ張りながら貼り付ける。
3.小指側も同様に甲面は引っ張らないよう注意し、足裏を軽く引っ張りながら貼り付ける。

⑧包帯ズレ防止テープ


1.台紙の中央部分をちぎる。
2.左右がちょうど半分ずつの長さになるよう、まずかかとに貼り付ける。
親指側から、包帯を留めるように足首の前まで貼り付ける。
3.続けて小指側も同様に、包帯を留めるように足首の前で貼り合わせる。
強く引っ張らないよう注意する。

⑨基本テープ2


1.台紙の半分をちぎる。
2.ちぎった側を小指側として、基本テープ1に1/3くらい重ねて貼り始める。
3. 小指側からスタートするが、甲面は引っ張らず、足裏に向かって軽く引っ張りながら貼り、最後はスタート地点の部分に重なるようにして巻き終える。
包帯が隠れるように貼るとより外れにくくなり、見た目もきれいに仕上がる。

痛みがある場合のテーピング 完成

※どうしても巻き方がわからない場合は、一度、「カサハラフットケア整体院」、もしくは「全国の提携院」で施術を受けられる事をお勧め致します。
3.包帯とテーピング靴下との併用
どうしても難しくて自分で巻けなかったり、忙しくて貼る時間がない人には、より簡単で、しかしながらしっかり足裏のバランスを整えられる方法をご紹介致します。

甲部分に包帯を巻き、それをテープで留め、その上から専用の3本指靴下を履くという方法です。
これは簡単ながらも「痛みのある場合のテーピング法」に近い効果が得られ、また自分でもできるので続けやすいという利点があります。

では手順を説明していきましょう。

①包帯を巻く


1.甲に、5裂の伸びない綿包帯を5~6周引っ張らずに軽く巻き付ける。
この時、親指の付け根と第5中足基部を覆うように巻く。
包帯は最後、医療用テープでとめる。
2.包帯の甲部分に三日月型の切れ込みを入れ、力を逃がせるようにする。
3.足裏の指の付け根部分にも三日月型の切れ込みを入れ、甲側と同様、力を逃がせるようにする。

②包帯をテープでとめる


1.包帯がズレないように、専用バランステープの基本テープを用いて指先側をクロスさせ、包帯をとめる。
テープは決して強く引っ張らず、軽くとめるように巻き付けるだけにする。
2.2枚目の基本テープで足首寄りの包帯を覆うように、甲側から足首に巻き付ける。
テープは決して強く引っ張らず、軽くとめるように巻き付けるだけにする。

③専用テーピング靴下を履く


簡単な包帯とテーピングをした上から専用テーピング靴下を履いて完成。

包帯と靴下との併用 完成

これだけでも、治癒に大切な「固定」は、しっかりできているのです。
テーピングが難しい人でも、これなら続けられるはずです。
また靴下以外にもテーピング効果を持続させる専用サポーターもあります。
自分のライフスタイルや痛みの程度に合わせてお選びください。

2.テーピングを巻いた後の注意点

このテーピング法は外反母趾、指上げ足(浮指)・扁平足以外に、足裏からひざの痛みはもちろん、全身のバランスを整えることも目的にしているので、症状や目的によって長時間貼らなければならない場合があります。
その際の注意事項を挙げていきます。

どのくらい貼ったままにしておくの?
 目安として、3~4日に一度貼り換えることをおすすめしています。
あまり長い時間貼ったままにしておくと、かぶれたり痒くなったりしてしまい、皮膚を傷つけてしまいます。衛生面においても、皮膚をきれいに保つためには、3~4日で貼り換えるのがベストだと考えています。
貼っている間はお風呂やプールはOK?
 基本的に、テープを貼っている間は濡らさない方が良いです。濡らしてしまうと緩んでしまうからです。
しかしお風呂に入ることは避けられないので、
「痛みのない場合のテーピング法」を行った人は、そのままお風呂に足を入れることはできますが、浴槽に入っている間は足をお風呂のふちに出して、温まり過ぎて足に汗をかかないようにして下さい。出てからはよく拭きとってからドライヤーで乾かしておいて下さい。
「痛みのある場合のテーピング法」を行った人は、テーピング部分にタオルを巻き、さらにその上からビニール袋等をかぶせテーピングが濡れないようにして下さい。
外す時に気をつけることは?
 テープを外すときはお風呂のお湯でよく濡らしてから剥がすと簡単に外せます。
濡らさないまま剥がそうとすると、皮膚が引っ張られて傷ついてしまう場合があり、危険です。テープを外したら1日皮膚を休めて、次の日また貼るというパターンを繰り返してください。痒みやかぶれが出てしまった場合は無理せず、皮膚を休ませる期間を少し長くとっても構いません。しかしかぶれや痒みの症状がひどかったり長引く場合は、専門医の先生に一度診てもらってください。
旅行などでテープを貼ることができない場合はどうしたらいい?
 旅行などで長期間貼れない場合は、テーピングに代わる専用サポーターやテーピング靴下を着用してください。オリジナルの3本指タイプのテーピング靴下を履き、更に靴の中に人工筋肉素材の免震インソールを入れて併用すると、テーピングとほぼ同じ効果が得られ、安心です。専用オリジナルの免震シューズもおすすめです。

グーパーリハビリ運動

グーパーリハビリ運動は、足指の運動可動域を広げて踏ん張って歩けるように促します。親指の踏ん張る力に一番大きい役割があるので親指を中心に行います。 毎日片足5分ずつ位行うとベストです。翌日に痛みが残らない程度に行って下さい。
また、痛みがある方は痛いときは行わず、痛みがとれてから行って下さい。 お風呂の中で行ったり、またテーピング靴下を履いた状態で行うとより効果的です。
グーパーリハビリ運動(1) 1. 手の人差し指を伸ばし、親指と残りの3本で足の親指を握る。
グーパーリハビリ運動(2) 2. 反対の手で足首が動かないように甲をしっかり押さえる。
グーパーリハビリ運動(3) 3. 足指を握る方の手の親指を、足の親指付け根に当てる。
グーパーリハビリ運動(4) 4. テコの原理で内側に曲げるグーの運動。
グーパーリハビリ運動(5) 5. 親指を左右に回す、パーの運動
※反対の手は足首をしっかりと押さえる
グーパーリハビリ運動(6) 6. テーピング靴下を履いて行うのも効果的です。
グーパーリハビリ運動(悪い例) ※悪い例
足の親指付け根を握らずに、指だけを回しても効果が出ないので注意!
商品一覧はコチラ

外反内反くつ下(3本指テーピングタイプ)

外反内反くつ下(3本指テーピングタイプ)
脱ぎ履きしやすい足首丈で、初めての方にもおすすめです。
3本指と甲部分に編み込まれた2本のテーピング機能で、外反母趾・浮き指・扁平足など不安定な足裏のバランスを整えます。
すね・ふくらはぎを引き締めるには、まず土台となる足裏のバランスを整えることが大切です。

楽チンウォーキン(ジャスト丈)

楽チンウォーキン(ジャスト丈)
子ども用・レディース・メンズサイズまで対応。
スタンダードなミディアム丈なので幅広くご使用頂けます。
かかとと指先は、薄手のパイル構造で、心地よいクッション性。
足裏のバランスを整えて正しい歩行を促します

テーピングストッキング(3本指テーピングタイプ)

テーピングストッキング(3本指テーピングタイプ)
ヒール・パンプスを欠かせない方におすすめ!
薄手でありながら、足裏のアーチをつくる2本のテーピングサポーター機能が強力なパワー力。足裏のバランスを整え、指を踏ん張った正しい歩行で、すね・ふくらはぎへの負担を軽減し、スリムな脚に。脚のむくみ・だるさ・疲れもスッキリ。立ち仕事の方におすすめです。

外反内反ダブルサポーター

外反内反ダブルサポーター
『自宅で集中ケア!』
室内では、「外反内反Wサポーター+外反内反くつ下」の併用で強力にサポート。
外反母趾・内反小指のトラブルに。
指先がつつ型なのでどんな足の形にも合わせやすく、強力なアーチサポーターで足裏をしっかりサポート。更に、かかとベルト付でズレ防止。 3本指テーピング靴下との併用でさらに固定力アップ!

バランスケアテープ

バランスケアテープ
ヒール・パンプスを欠かせない方におすすめ!
薄手でありながら、足裏のアーチをつくる2本のテーピングサポーター機能が強力なパワー力。足裏のバランスを整え、指を踏ん張った正しい歩行で、すね・ふくらはぎへの負担を軽減し、スリムな脚に。脚のむくみ・だるさ・疲れもスッキリ。立ち仕事の方におすすめです。

免震インソール

免震インソール
かかとの柔らかさに近づけた「人工筋肉素材ソルボ」の優れたクッション性。
外反母趾・浮き指・扁平足など不安定な足裏から伝わる、過剰な衝撃とねじれを吸収無害化し、足・ひざ・腰・首を守ります。
痛みのある方や足裏にタコがある方、ウォーキングなどよく歩かれる方などにおすすめです。

足つぼ天国インソール

足つぼ天国インソール
天然ゴムの柔らかい素材で、やさしく足裏全体を刺激して、ふんばる力を高めます。
歩きながら足裏全体をほぐす“足裏リフレ効果”も。更に、外側が高い『O脚補正機能つき』。
指を踏ん張った正しい歩行を促します。
※痛みがある方には向きません。その場合は、免震インソールをご使用下さい。

免震機能付きレディース用ウォーキングシューズ

免震機能付きレディース用ウォーキングシューズ
どんどん歩ける心地よさ!免震インソールが内蔵され、自然と足がポンと前に出るようなこれまでにないクッション性。一度履いたら手放せなくなるほど履き心地。テーピング靴下との併用で、足裏から体を守ります。

Kasahara

変形性ひざ関節症の痛みは98%サラシ一本で治る!

施術予約 TEL:045-861-8558

商品案内 TEL:045-861-8944

▲ ページの先頭へ