痛くなる人ならない人の差は足


新事実!変形性ひざ関節症は、
実は3種類に分けられる

非常に多くの人が悩んでいる変形性膝関節症ですが、実は3種類も存在しているのです。
ひざが痛いと一概に変形性膝関節症と診断されてしまいますが、症状が違うのに治療法が全て同じでは、治るはずがありません。
あなたが今悩んでいるひざの痛みは、今の治療で本当に治りますか?あなたのひざの悩みは3種類のうちのどれなのか、確認してみてください。

①変形性膝関節症

一般によく言われるのが、このタイプです。
ひざの内側が痛み、歩き始めや次の動作に移ろうとする時にズキンと痛んだり、ある時にはひざがガクンと抜けそうになったりすることもあります。

②ひざヘバーデン

今や国民病とも言うべきひざヘバーデン。
もしかしたら手の指のヘバーデンは聞いたことがある人も多いかもしれませんが、このヘバーデンはひざにも多発するのです。
国民病というくらい、非常に多くの人が悩まされているにも関わらず、まだ世間にあまり浸透しておらず、治療法も間違ったまま見落とされていることが多い病気です。

③ひざリウマチ

こちらも、手の指や手首に起こることで知っている人は多いかもしれませんが、実は足やひざにも起こるのです。
ひざヘバーデンと同じく、「変形性膝関節症」と診断された人の多くに、このひざリウマチが隠れている場合があります。しっかりと見極めなければ、いつまで治療を続けても治りません。



Kasahara

変形性ひざ関節症の痛みは98%サラシ一本で治る!

施術予約 TEL:045-861-8558

商品案内 TEL:045-861-8944

▲ ページの先頭へ