過労性構造体医学


宇宙飛行士の言葉から、
美・健康と重力との関係を知る

絶対的重力の支配下にある地球、その中に住む人間も重力とのバランス(調和)を保つことで生き残ってきた、というより生かされてきたという表現がふさわしいと思います。別の表現でいうなら、重力とのバランス(調和)というふるい(・・・)、その掟(おきて)にかけられ、健康で生き残り発展・進化する者と、不調や病気で体力が低下し滅亡する者とに分かれてきた、つまり地球の条件に合うかどうかで分かれてきたのです。
地球の条件こそ、重力とのバランス(調和)が中心なのです。しかし、重力を当たり前のように感じ、重力とのバランスが医療や健康・予防に活かされていないという盲点や落度があるのです。この盲点や落度を補う考えとして、宇宙飛行士の言葉が参考になると思います。日本人をはじめアメリカやロシアの宇宙飛行士が地球に帰還した時、話題になる共通の言葉があります。ほとんどの宇宙飛行士が「重力の威力、そのすごさ」について、いろんな角度から表現しています。 向井千秋さんの場合は、

「宇宙から見た地球の美しさよりも地球に帰還した時、初めて実感した重力の威力、そのすごさ」

に感動したと表現しています。
毛利衛さんや土井隆雄さん、若田光一さん、野口総一さんも重力について表現しています。


山崎直子さんも改めて

「重力の強さを非常に感じる」 と話していたことが新聞で報道されています。
古川総さん、星出彰彦さんも皆重力の威力、そのすごさを伝えようとしています。この宇宙飛行士の言葉からも、重力とのバランス医学(過労性構造体医学)の必要性が理解できると思います。



Kasahara

変形性ひざ関節症の痛みは98%サラシ一本で治る!

施術予約 TEL:045-861-8558

商品案内 TEL:045-861-8944

▲ ページの先頭へ